結婚プレゼントに〜ヤーマン42℃温冷プレート

ヒートショックプロテインとは

ヒートショックプロテイン(英:Heat Shock Protein、HSP)は、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のことを指していいます。
また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。
つまり、カラダにHSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことに繋がるわけです。

普段の生活でも活用しましょう

入浴でヒートショックプロテイン

 

あなたの普段の生活でも、簡単にHSPを増やすことができる方法があります。
ちょっと工夫した「入浴」です。
お風呂に入って体温を上昇させれば、保温することによってHSPが増加し、免疫力もアップします。

 

これなら簡単!
いつもの入浴に一工夫するだけで効果があるのなら、ぜひやってみたいものです。

正しい入浴方法でHSPを増やす

ここで、その正しい方法を伝授しましょう。

 

まずは、あなた自身体の平熱を測ります。
HSPは、体温が38度くらいまで上げ保温することによって体内で作られます。
もともと平熱が35度台などの低い人が、いきなり38度まで体温を上げるのは難しいでしょうし、身体にも過剰な負担がかかります。

 

まずは自分の平熱を知り、健康な36.5度になることを目指しましょう。
併せて、低い人も入浴によって1.5度アップを目差しましょう。

 

入浴時に忘れてならないのは、たっぷりの水分補給をすることです。
事前に脱水を防ぐ準備を忘れ内容にしましょう。

 

お風呂のお湯の温度は、40度くらいの設定で十分です。
温度を上げすぎるのは体に負担がかかるだけで良くありません。
湯船に10分ほどつかっていると、自然に体温は1度ほど上昇します。

 

そして、このままさらに10分ほど入浴すればOK。
体温が1.5度ほど高くなっていることを、体温計(できれば舌下温を測ります)で確認して終了です。

 

入浴後は、部屋を適温にし、身体を冷やさないことも大切です。
この後体温は自然に下がっていきますが、増加したHSPは1週間ほど体内に残り、その力を発揮してくれます

 

HSPのパワーがピークを迎えるのは入浴から2日後といわれ、入浴法でHSPを増やすのは、週に2回の割合で十分なようです。

 

しかし、時間がなくて面倒という人や着実に効果を求めたい人は、ヤーマン42℃温冷プレートを試してもましょう。

 

ヤーマン42℃温冷プレート



ご家庭でエステ体験 美肌、小じわ取りの理由とは ヒートショックプロテインとは